立夏

 5月5日(日)晴れ 仏滅 子供の日 今朝の気温8℃ 穀雨節の翌日が立夏です。木々の葉が緑に茂り、夏の気配が感じられてきます。爽やかな風が香りを運ぶかのような気候となります。暦の上では、8月8日立秋までが夏です。

穀雨

 4月20日(土)先勝 晴れ 今朝の気温+2℃ ちょっと肌寒さを感じます。このころに降る雨は、穀物の成長を助ける雨であり、その名前のとおりです。すべての生き物への神様のお恵みです。

大沼の氷

 4月6日(土)先負 曇り 今朝の気温+8℃ 数日の雨と昨日の風で大沼の氷も殆んど融けました。例年ですと4月中旬ですが、今年は少し早めです。

+8℃

 3月28日(木)赤口 晴れ 今朝の気温+8℃ 暖かな朝です。湖の氷も所どころ融けて、水面が見えます。ワカサギ釣りも危険なため禁止です。境内の雪が無くなるのも近いでしょう。

春の声

 3月24日(日)友引 晴れ 今朝の気温+6℃ 昨夜の雨が雪をだいぶ融かしてくれました。気温は上がっていますが、湖は氷に覆われワカサギ釣りも行われています。駐車場や境内には、まだたくさんの雪があります。赤城山は、徐々に春に向かっています。

春分の日

 3月20日(水)仏滅 曇り 今朝の気温+8℃  春分の日 自然に感謝し春を祝福する日です。昼と夜の長さが、ほぼ同じになり、この日を境に徐々に昼が長くなります。また、春の彼岸の中日で、ご先祖様のお墓参りに出かける日でもあります。お彼岸にはお萩を作り、ご先祖様にお供えし、無病息災を願い春分を祝うのです。お萩は牡丹餅とも呼ばれ、春は牡丹に似せてこしらえた餅「牡丹餅」、秋は萩の花に似せた「お萩」という、呼び方をする地方もあります。
 

彼岸入り

 3月17日(日)先勝 晴れ 今朝の気温+3℃ 大変暖かな陽気です。暑さ寒さも彼岸までと云いますが、まさに寒さを忘れるような日です。二十四節季では、春分の日の3日前から数えて7日間を彼岸として、春分の日を彼岸中日としています。今日は彼岸の入りにあたります。

冬の寒さ再び

 3月11日(月)赤口 晴れ 今朝の気温-6℃ 朝は雪が舞っていました
赤城山の3月は、まだまだ冬景色です。例年、湖の氷が融けるのが4月中旬、雪も4月末まで日陰に残っています。昨日の暖かさから一変、雪にも警戒しなければなりません。神社境内、裏駐車場も雪と氷で覆われています。御参拝の際は、足元にご注意ください。
本日、道路は積雪が箕輪付近よりあります。スタッドレスタイヤまたはタイヤチェーンが必要です。

春近し

 3月9日(土)仏滅 晴れ 今朝の気温+2℃ ここ2〜3日暖かな日がつづいています。
境内も一部土が顔をだしぬかるんでいます。しかし、朝晩は冷え込みが強く、道路は新坂平付近より、所どころ凍結箇所があります。道路から一歩入ると、まだまだ雪の世界です。

 2月6日(水)先勝 雪 今朝の気温0℃
今朝から雪が降り続いています。現在15僂曚匹寮兩磴あります。道路は全線に積雪があります。スタッドレスタイヤまたはタイヤチェーンが必要です。


  


群馬よもやま話




S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

《最新の記事》

《カテゴリー》

《赤城神社へのリンク》

《月別分類》

《ブログ内検索》

qrcode


赤城神社ホームページへ戻る
copyright© by 赤城神社. All right reserved.